バナー

バルコニータイルのいろいろ

バルコニータイルはDIYでもできる簡単施工もあって人気が上がっている床材です。
バルコニータイルは単色や模様付き、天然岩模様、木材風などさまざまなタイプがあります。それぞれ耐久力、価格がかなり違います。



バルコニータイルを選ぶ際にはまず設置場所についてよく調べることが大事です。
ベランダであれば掃除をし、もし、すでにタイルがある場合にははがせるか、また、剥がした際に防水加工などを壊さないかの確認が大事です。
場合によってはタイルの上に施工するという方もいるのですが、ベランダには荷重条件があり、追加のタイルが使えないこともよくあります。

よりシンプルさを追求したNAVERまとめについて詳しく書かれています。

デザイン重視でタイルを選ぶ際には特にベランダの荷重制約が重要です。

一般的に同様なタイル材質を敷き詰める場合には問題が起きにくいのですが、模様や色合いを変えるために複数のタイル材質を利用する場合は荷重が偏ってしまうことでベランダ無いのヘコミや排水不良の原因となってしまうこともあるようです。

軽量タイプのバルコニータイルを利用するなど重量には特に注意が必要です。
また、石材風だったり、木目調などタイル自体が他の材質を表現している場合には繋ぎ目を綺麗に施工する必要があり、DIYでは難しい場合もあります。

注目の東京のフロアコーティングに関する疑問を解消してください。

そこで練習用に何枚かタイルを購入して設置の練習をすることをオススメします。複数のタイルで一枚のタイルを表現する場合などDIYで難しい作業ができそうにない場合は無理をせず業者に依頼することも大事です。